上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09.10 3連休~
3連休あってもすることもなくヒマので実家に帰ってみました(-ω-;)

家をでてまだ2ヶ月そこそこ。
こんなに早く実家に帰るとは・・・。

でも・・・




「故郷」

いま住んでる街から車で1時間。

近いようで遠い距離。

生まれ育ったあの町。

大好きな海に囲まれて、居心地よかったあの町。

いまいる街にはなんでもある。

でも、あの町にはいまほどすべてが揃ってなかった。

住んでたころはそう思ってた。

居心地はいいけど物足りない。

居心地のいい町。

でも、一番大事な「家族」の中は居心地が悪かった。

それが嫌であの町を飛び出した。

家族から離れて2ヶ月。

そんな居心地の悪い「家族」の元に帰ってみた。

大好きな海岸線を通り抜け、街から町へと景色は移り変わる。

見慣れた景色。

でも、今までと違って見えた。

懐かしくもなにか寂しい気分と嬉しい気分とで心かき乱される。

そして、家が見えてきた・・・。

住んでたときと少しかわった家の中。

この家からおれはいなくなったんだって改めて思い知らされる。

少し寂しい感じ。

おれが住んでたあのころとなにも変わってない「家族」。

居心地悪かったとはいえ別に険悪なムードなわけでも会話がないわけでもない。

ただ、おれが「家族」と壁を作ってただけ。

育ててくれた唯一親「女の部分の強い母親」とゆー存在が嫌いなだけだった。

何度母とケンカしただろう。

何度家を飛び出しただろう。

何度涙を流しただろう。

何度楽しい時間を共有しただろう。

家に帰って数分間でいろんな思いが溢れた。

なにも変わっていないはずの「家族」。

でも、なにか今までと違う。

何年も忘れていた「家族」の居心地よさを感じる。

この家をで出てなにかを取り戻したのだろうか。

いままで普通に食べてた母の手料理があのころと違う。

料理はうまいほうだと思う。

けどうまいとは違うなにか違う感じるモノがあった。

おれが帰ってきたときの為にそろえてくれてた日用品。

それを見てここはおれの家だとものすごく感じた。

今まで感じなかったのに・・・。

「また帰ってくるよ」って素直に言えた。
「ありがとう」とも心から言えた。









スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://harinezumimabi.blog73.fc2.com/tb.php/66-919be9c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。